2016年8月26日金曜日

静岡県郷土唱歌


空の灯の録音でお世話になったスタジオ「T2オーディオ」から、とても興味深い、新しいお仕事をいただく。

「静岡縣郷土唱歌(上巻・下巻)」という本があって、文字どおり静岡県の名所や同郷の偉人たちのことを歌った曲が、上下合わせて28曲載っている。

昭和11年発行という代物だが、誰も知らない曲ばかりで、ネットなどでも録音どころか歌詞すら発見できない。

当時、少年少女だった方々には、歌った記憶がひょっとしたらあるかもしれないのだが…。

戦中、戦後を乗り越えずに埋もれてしまったのかもしれない。

世の中にはそんな曲が沢山あるだろうと思う。


タイトルは、

富士登山
蜜柑採
八丁池
天城山
石廊崎
山田長政
等々

本格的に静岡県である。

これを、1曲ずつコードをおこして、アンサンブルにして録音しよう、というお仕事だ。

主旋律の譜面と、歌詞だけしか書いていないので、どんな和音になるか、ちょっとずつ解析している。

まるっきりふつうに弾くと、ザ・童謡という感じになる。

ほぼ3コードである。

それもいいが、ちょっとだけコードを崩してみると、何とも情緒ある楽曲に変身する瞬間がある。

これが、とても面白い作業だ。

でも、う~む、28曲かあ…。

先は長いぞ~。


富士登山

さ霧うすれて 朝風涼し

麻の草鞋に 露ふみしめて

さあさ、登らう 我等が富士へ

富士は薔薇色 茜色

0 件のコメント:

コメントを投稿