2016年12月30日金曜日

2016まとめ

今年も、暮れようとしています。

ライブ納めを終え、さて今年はどんな一年だったかと振り返ってみる。


やはり子育ての影響もあり、県外には一度しか出なかったし、ライブ自体は非常に少なかった。

でも、ひとつひとつの演奏や企画が、思い出深い一年であった。




前半は、ダンスワークショップ、市民文化会館のダンス公演など、ダンス関係の演奏が多かった。

1月に和歌山県の小学校で、アオキ裕キさんのダンスワークショップのお手伝いをして以来、今年は県外には行かなかった。

珍しい年である。


一番大きな出来事だったのは、やはりアルバム「空の灯」が完成・発売できたこと。レコ初の演奏会をLIVEHOUSE UHUでさせてもらえたことである。

自分にとっては、このような大所帯をまとめることや、ライブの進行を今までとガラッと変えてみたことも冒険だった。

これは、反省点も多かったが、来年以降は更に発展させたい。


写真がないが、自分の実家「正晨寺」で、コンサートを行えたことも嬉しい出来事だった。

浜松のジャズシンガー・鈴木麻美さんとのデュオで、自分の演奏が一段階ステップアップできた気がする。


密かに楽しかった三池平古墳まつり。

豪雨のため古墳上では開催できなかったが、しみじみと楽しんだ。


ライバル「NolenNiu-de-Ossi」とのライブを、ただのツアーミュージシャン企画から、もう一歩向上させたくて、「おとぎ話の二夜」というイベント名を立ち上げた。

自分の音楽が一体どんな物語を経て成り立っているのか、それを聴いた人は、またそれぞれが持っている物語と重ね合わせて、どんなことを感じるのだろうと思いを巡らせた。


日本画家・森谷明子さんの作品「国誉めの歌」の数篇の詩に歌を付けた。自分以外の人の言葉に歌を付けるというのは、予想以上の面白い作品を生むことがある。

この企画でも、これからも歌っていきたい素敵な歌が誕生した。



ソロでは、ガットギター一本だったが、「ナッシュビルチューニング」が気に入って、最近のライブではギターを2本使っている。

きらきらと高音の出るチューニングと自分の声や演奏がよくマッチするらしい。

しかし、ギター持ち替えは、ギター弾きにとっては諸刃の剣である。

シタールギターも使いたいし、12弦ギターでも披露したい曲がある。今日は思い切ってセミアコで…。そうそう自作のハープを最近あんまり使ってなかった。

などと、あっちゃこっちゃに興味が行ってしまい、結局ライブ全体の流れがわからなくなってしまう。

搬入出で、駐車場とライブ会場を何度も往復するのも避けたい。

失礼…、余談でした。


和楽器奏者・原口朋丈氏との演奏が今年は多かった。

彼とはもう10年以上の付き合いで、とても演奏のタイミングが合う。

来年は、また一緒に作っていきたい企画や、作品がたくさんある。





最近の、2つのホームコンサートも印象深かった。

大きな会場を埋めるだけが、ミュージシャンの仕事ではないのだな。

ひとりひとりと向きあえる距離で、どんな事ができるか。

とても大切な距離感だと、あらためて感じさせられた。


ざっと、写真で振り返ったけれど、この他にもいろいろな会場で演奏をさせていただきました。

どこにも素敵なお客さんが駆けつけてくれて、自分自身も演奏を、さらには音楽自体を楽しむことができた1年だったと思います。

なんとなく最近、CDなどを聴いていても、普段聞こえなかった音がよく聞こえるようになって、今までよりも気持ちよく感じるのです。

それから、いつにもまして仲間の存在をありがたく感じました。

感謝しつつ、どんどんみんなで協力して、いい音楽にあふれる街をつくっていきたいものです。


今年も本当にお世話になりました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。


追記…おかげさまで、我が子も大きくなりました(親バカ)。

0 件のコメント:

コメントを投稿